Synmeの地政学がくしゅう帳

地政学でクールにザックリ日本の外交・軍事を学ぶ

ニッポンの地政学54

つづいて、日露戦争から明治時代末までのニッポンの地政学を整理・復習する。その過程で辛亥革命を契機として大きく変化が生じるチャイナ、モンゴル、チベットの歴史も整理・復習する。 まず今回は、第1次日英同盟の締結から日露戦争の締結までを復習する。…

ニッポンの地政学53:1895.1.14尖閣諸島の沖縄県編入の閣議決定

日清戦争前後以降の極東の地政学を学んでいる中で、1つ大事なことを忘れていた。今回は尖閣諸島の沖縄県編入を学ぶ。 1895年[US119]1月14日ニッポンは尖閣諸島の沖縄県編入を閣議決定した。 日清戦争(1894年[US118]7月25日〜1895年[US119]4月17日)の終結前…

フランスの地政学48

さて、だいぶ間延びしてしまっているけれどGreat Game終焉に至るフランスの地政学を簡単に振り返っている。今回で復習終わりです。 今回は英仏協商から英露協商までを復習する。三国協商(「仏英露」、事実上「+日」)という外交的成果を挙げた段階で、WWI…

フランスの地政学47

つづいて露仏同盟(1891年[US115])から英仏協商(Entente Cordiale、1904年[US128]4月8日)までを復習する。 フランス第三共和政は、外交努力によって、露仏同盟を「ロシアにとって価値ある同盟」と証明を続ける一方で、アジアでもアフリカでもイギリスに妥…

Synmeのテニス Feedback-Loop20190515

Synmeのテニス Feedback-Loop20190515:①ポーチボレーはラケットから出て行くイメージ。要するに、身体の前にキープ、②構えている時の左手の位置にも工夫を。上にあげて人差し指がガットに掛かるくらいの位置にすると、ポーチボレーでの引き過ぎ(テイクバッ…

Synmeのテニス Feedback-Loop20190513

Synmeのテニス Feedback-Loop20190513:う〜む、今回もイマイチ。反省点をいくつか… ❶ポーチボレーはラケットを身体の前にキープ、バックアウトをなくしたい、❷ローボレーも前で処理。踏み込む足で方向付け、❸ストロークは軸足セット→前足の着地→スイングを徹…

Synmeのテニス Feedback-Loop20190512

Synmeのテニス Feedback-Loop20190512:風の強い屋外で、オムニだったので、かなりの筋肉痛。①リターンは、上からくるサーブに対して、下から打ち返すイメージ?何球か良いリターンがあったけれど、まだまだ、②ボレーはボールの見過ぎに注意。見過ぎ=頭が下…