Synmeの地政学がくしゅう帳

地政学でクールにザックリ日本の外交・軍事を学ぶ

フランスの地政学18:1883トンキン戦争、1883第1次ユエ条約、1884第2次ユエ条約

フランス第三共和政によるフランス領インドシナ形成の一環として、トンキン戦争を学ぶ。最初にクールにザックリまとめる。

1882年[US106]フランス第三共和政阮朝(グェン朝、越南)に侵攻した(トンキン戦争)。1883年[US107]に第1次フエ条約、1884年[US108]第2次フエ条約を締結して、コーチシナ植民地を拡大し、トンキン地方を拡大・保護領とし、アンナンの領土を認めて阮朝保護国とした

f:id:synme:20180608010017j:plain

阮朝(グェン朝、越南)の保護国化と言うとシンプルだが、フランスによるベトナム植民地化は下記のように進展した。

そもそもNapoléon III(Charles Louis-Napoléon Bonaparte)すなわちフランス第二帝政は、インドシナ出兵(1858年[US082]8月31日〜1862年[US086]6月5日)によりコーチシナ東部3省(ビエンホア省、ジャーディン省、ディントゥアン省)及びプロコンドール島(ニコンソン島)を獲得していた。

第1次フエ条約(1883年[US107]8月25日)によって、アンナン南部のビントゥアンを割譲してコーチシナ植民地に加えること、アンナン北部のタインホア、ゲアン、ハティンの3省をトンキンに編入した上でトンキンをフランス第三共和政保護領とすること、アンナンを保護国とすること(関税、土木についてはフランス第三共和政が統括すること)が定められた。

第2次フエ条約(1884年[US108]6月6日)によって、アンナンの外交権もフランス第三共和政が統括することが定められ、アンナンの保護国化が完成した。

 

 ---

synme.hatenablog.com

1858年[US082]Napoléon IIIはスペインと共同して艦隊を派遣し阮朝(グェン朝、越南)に侵攻した。1862年[US086]阮朝に勝利しサイゴン条約を締結、フランス第二帝政は、コーチシナ東部3省(ビエンホア省、ジャーディン省、ディントゥアン省)及びプロコンドール島(ニコンソン島)を獲得した。

 

文責:鵄士縦七

 

 

鉄道と運河の地政学03:1875スエズ運河会社株式の売却

10年の歳月をかけて開通したスエズ運河のその後を学ぶ。最初に、クールにザックリまとめる。

1875年[US099]エジプトからスエズ運河会社株式の44%を400万ポンドで取得し、イギリスはスエズ運河会社の筆頭株主になった 

f:id:synme:20180608010922j:plain

ムハンマド・アリー朝エジプト総督イスマイール・パシャ(Isma'il Pasha)は対外債務の返済に充てるためスエズ運河会社の持ち分を売却することとした。イスマイール・パシャはサイード・パシャの後任である。

1875年[US099]エジプトのスエズ運河会社株式売却を知ったイギリス首相ベンジャミン・ディズレーリは、議会の承認なしに、購入資金をロスチャイルド家から借り受けて、400万ポンドでスエズ運河会社の44%を400万ポンドで購入することに成功した。

こうしてスエズ運河会社の筆頭株主となったイギリスは、ウラービー革命(1879年[US103]〜1882年[US106]を口実として軍事介入を継続した。1888年[US112]10月29日には「スエズ運河の自由航行に関する条約」をドイツ、オーストリア=ハンガリー帝国、スペイン、フランス、イタリア、オランダ、ロシア、オスマン帝国と締結して、国際社会にスエズ運河はイギリス管轄(軍事占領)下の中立地帯であることを認めさせた。

--- 

フランスが苦労して建設・開通したスエズ運河であるが、スエズ運河会社株式のほぼ半分をエジプトが売却してしまったために、イギリスが筆頭株主となり、やがて実効支配することとなってしまった。

Synmeが思うに、イギリス本土とイギリス領インド帝国を結ぶスエズ運河を獲得したことで、バルカン半島経由のロシアの南下を阻止するイギリスの本気度は更に強まったのだと思う。イギリスは、ベルリン会議1878年[US102]6月13日〜7月13日)で、1877-1878ロシア・トルコ戦争(1877年[US101]4月24日〜1878年[US102]3月3日)に大勝利したロシアの野望を砕くことになる。

---

synme.hatenablog.com

1878年[US102]6月ベルリン条約が締結されて大ブルガリア公国は3分割された。ブルガリアの領土はバルカン山脈以北に縮小され地中海に面する領土は失われた。ロシアはサン・ステファノ条約で獲得した地中海への陸路をたった3ヶ月で失ってしまった。 

--- 

synme.hatenablog.com

セルビアモンテネグロブルガリア支援を名目に1877年[US101]ロシアがオスマン帝国に対して宣戦布告。ロシアが勝利し、1878年[US102]3月サン・ステファノ条約を締結して、大ブルガリア公国の自治権を認めさせ、事実上保護国化した。ロシアは地中海への陸路を獲得した。 

 

文責:鵄士縦七

 

フランスの地政学17:1863フランス・カンボジア保護条約

フランスの地政学フランス第三共和政によるフランス領インドシナの形成プロセスを学ぶ前に、フランス第二帝政によるカンボジア保護国を学ぶ。最初に、クールにザックリまとめる。

1863年[US087]Napoléon IIIはフランス第二帝政カンボジアとの間に保護国条約を結ぶことに成功。1865年[US089]にはフランスによるカンボジアの保護権をタイに認めさせた。

f:id:synme:20180616120939j:plain

1830年代〜1840年代にかけてベトナムとタイがカンボジアを巡って争っていた。

Siamese–Vietnamese War (1831–34) - Wikipedia 第1次泰越戦争においては、泰がカンボジアを侵略しベトナムまで攻め入った。これに反攻したベトナムが最終的にカンボジアを実効支配することとなった。

 

Siamese–Vietnamese War (1841–45) - Wikipedia 第2次泰越戦争においては、ベトナム支配に対するカンボジアの反乱に乗じてタイが軍事介入した。結果的に、カンボジアはタイとベトナム両国の保護国と位置付けられることとなった。

カンボジアを巡るタイとベトナムの確執が続くなか、1863年[US087]8月11日タイからの保護を名目に、Napoléon IIIはカンボジア国王にフランス第二帝政保護国条約を結ばせることに成功した。更に1865年[US089]4月1日にはフランスによるカンボジアの保護権をタイに認めさせた。

フランス第二帝政は、インドシナ出兵で獲得したコーチシナ東部3省を起点として、まずはカンボジア保護国化することに成功したのである。

 ---

synme.hatenablog.com

1858年[US082]Napoléon IIIはスペインと共同して艦隊を派遣し阮朝(グェン朝、越南)に侵攻した。1862年[US086]阮朝に勝利しサイゴン条約を締結、フランス第二帝政は、コーチシナ東部3省(ビエンホア省、ジャーディン省、ディントゥアン省)及びプロコンドール島(ニコンソン島)を獲得した。 

 

文責:鵄士縦七

鉄道と運河の地政学02:1858-1869スエズ運河の建設・開通

鉄道と運河の地政学、次はスエズ運河の建設と開通を学ぶ。最初に、クールにザックリまとめる。

1859年[US083]フランス第二帝政とエジプトはスエズ運河の建設を開始し、1869年[US093]11月に開通地中海から紅海への船舶輸送を可能にした。

f:id:synme:20180608010838j:plain

フランス第二帝政の外交官・実業家のフェルディナン・ド・レセップス(Ferdinand de Lesseps)は、ムハンマド・アリー朝エジプト総督サイード・パシャ(Said Pasha)からスエズ運河会社設立の利権と運河開設から99年間の事業権を獲得した。

1858年[US082]12月15日にスエズ運河会社を設立。エジプトの宗主国であるオスマン帝国からの承認は得られぬまま、1859年[US083]4月25日に試験掘削という名目で着工された。

イギリスの反対・妨害に遭いながらもNapoléon IIIの仲裁により工事は継続され、1869年[US093]11月17日に開通した。 同年5月に開通したアメリカ大陸横断鉄道と合わせて、人々が世界一周に要する時間は大幅に短縮された。

反対していたものの、開通後のスエズ運河を最も航行したのはイギリスの船舶であった。

---

第2次トルコ・エジプト戦争(1839年[US063]〜1840年[US064])は、エジプト・シリアの世襲統治権を要求するムハンマド・アリー宗主国オスマン帝国の間で行われた。ロシア、イギリス、フランス第二帝政の妥協がなされ、エジプトは名目的にはオスマン帝国の宗属関係にとどめおかれたと同時に、エジプト・スーダンにおけるムハマンド・アリーの世襲支配権(ムハンマド・アリー朝)が認められた。 

---

synme.hatenablog.com

1841年[US065]ロシア、イギリス、オーストリア及びプロイセンフランス第二帝政を加えて締結されたロンドン条約(五国海峡条約)によりダーダネルス海峡およびボスポラス海峡の外国船通行が全面禁止された。

 

 

文責:鵄士縦七

 

 

鉄道と運河の地政学01:1863-1869 アメリカ大陸横断鉄道の建設・開通

鉄道と運河の地政学、まずはアメリカ大陸横断鉄道を学ぶ。最初に、クールにザックリまとめる。

1863年[US087]に建設を始めたアメリカ大陸横断鉄道は1869年[US093]5月カリフォルニア州サクラメントネブラスカ州オマハ間で開通し、既に完成していた東部鉄道網と接続して太平洋から大西洋への鉄道輸送を可能にした。

f:id:synme:20180608010743j:plain

1859年[US077]にアメリカの東部鉄道網がネブラスカ州オマハまで到達していた。

南北戦争(The Civil War、1861年[US085]4月12日〜1865年[US089]4月9日)中にも関わらず、1863年[US087]1月8日アメリカは大陸横断鉄道の建設に着手した。

1896年[US093]5月10日、図らずもスエズ運河の開通と同じ年にアメリカ大陸横断鉄道は開通し、世界は一気に狭くなった。

 

--- 

synme.hatenablog.com

1861年[US085]南北戦争勃発(〜1865年[US089])。4年を超える内戦で約50万人の戦死者を出しながらもアメリカ合衆国(USA)がアメリカ連合国(CSA)に勝利して、国家の統一を保った。 

 

文責:鵄士縦七

地政学を学ぶフレームワーク11

Synmeの中ではひきつづきロシアの地政学を中心に学び続けているつもりでいるものの、アジアでのロシアの地政学を学ぼうとすると色々関連してきて面白い。自分の不勉強を改めて実感するばかりだけれど。

日本語でインドシナと言うと、まるでそういう地域が存在するかに聴こえるけれども、あくまで便宜的かつ大雑把な呼称だとSynmeは思う。

f:id:synme:20180616125454j:plain

ユーラシア大陸の東側を正方形と見立てて縦横に4分割したとイメージすると、右上(第1象限)にチャイナ、左下(第3象限)にインドがある。左上(第4象限)にはヨーロッパから連続するロシアの領土が広がっているわけだ。

残りの右下(第2象限)がインドチャイナ(インドシナ)である。

左下(第3象限)のインドはイギリスが植民地化してイギリス領インド帝国となった。インド帝国はインドチャイナについて、ビルマまで拡大して行く。

左上(第4象限)のロシアは海を求め、陸地伝いに拡大して行くのだが、インド(第3象限)に向かうことはイギリスに阻まれてしまったので、チャイナ(第1象限)を浸食して行くことになる。トルキスタンで領土を拡大すると同時に、第1象限の上側を取り込んでしまった。そして遂に不凍港ウラジオストクを獲得した。

右下(第2象限)のインドチャイナは、フランスが浸食することになる。この地域をまとめてインドとチャイナの間と呼んだわけである。インドチャイナでは、フランス第三共和政が植民地を築くことになる。

ユーラシア大陸の東側は、チャイナ、フランス=インドチャイナ、イギリス=インド、ロシアという4つの勢力範囲に分けられていたわけである。

Synmeの当初予定よりもインドチャイナにおけるフランスの地政学に回数が必要な見通しである。

 

文責:鵄士縦七

フランスの地政学16:1870-1871普仏戦争

Napoléon IIIに関連するフランスの地政学として、今回は普仏戦争を学ぶ。最初にクールにザックリまとめる。 

1870年[US094]Napoléon IIIはプロイセンに宣戦布告して普仏戦争が勃発。Napoléon IIIは捕虜となりフランス第二帝政は崩壊フランス第三共和政プロイセンに破れ1871年[US095]フランクフルト講和条約を締結し、アルザス及びロレーヌ北部を失い、賠償金を支払うこととなった。

f:id:synme:20180608005938j:plain

普仏戦争(1870年[US094]7月19日〜1871年[US095]5月10日)について、Napoléon IIIのフランス第二帝政崩壊を中心に簡単に学ぶ。戦争の原因も含めてSynmeは「ドイツの地政学」として別途学ぶ予定。なお、結果としてドイツ第二帝国が成立しイタリアが統一されたことも重要。重要過ぎる。

準備万端のプロイセンに加え、ドイツ諸邦まで敵に回し、準備不足のまま開戦させられたNapoléon IIIは捕虜となってしまう。

1870年[US094]9月2日にNapoléon IIIが捕虜となると、9月4日には共和国宣言がなされ国防政府(臨時政府)が成立してフランス第二帝政は崩壊してしまった。国防政府は戦争を継続するが、1871年[US095]5月10日フランクフルト講和条約を締結し、プロイセンに対するアルザス及びロレーヌ北部の割譲と賠償金50億フランの支払を認めた。

クリミア戦争、アロー戦争そしてインドシナ出兵等で国民の支持を得ていたNapoléon III(Charles Louis-Napoléon Bonaparteは、メキシコ出兵の敗戦で権威を失墜し、普仏戦争で捕虜となったことで帝政を失ってしまった。

「ドイツの地政学」で学ぶ予定だが、ドイツ統一を成し遂げたプロイセンの鉄血宰相Otto Eduard Leopold Fürst von Bismarck-SchönhausenとNapoléon IIIでは役者が違ったようだ。

フランス第三共和政普仏戦争に敗北するが、植民地を獲得して行く。沿海州トルキスタンで清の領土を削り取る一方で、インドシナ半島から清の勢力を削って行くフランスの地政学を続けて学んで行く。

 

文責:鵄士縦七